俳優が綴る映画・演劇・芸能界にまつわるブログ

WOLF OF ACTOR'S BLOG

俳優 役者 撮影 映画

続けて映画出演!

更新日:

初めての映画出演を終えて、もっともっと役者として活動したい。そんな思いで悶々と過ごす日々を送ろうかとしていた矢先、なんと続けざまに学生映画のオファーが!

う~ん、恵まれてますねぇ。ありがたいの一言に尽きます。

勿論二つ返事でオーケーですの僕。立て続けの映画出演が決まりました。

ここで初めて知るわけですが、監督をされる生徒もスタッフとして他の生徒の撮影を手伝ってるんですよね。その監督さんも僕の初出演の作品にスタッフとして参加していて、自分の作品を撮る時に僕を起用してくれたんですね。やはり「縁」なんですねぇ。

さてその作品ですがまたしても女性が主人公。そして私の役はと言いますと・・・

またしても主演女優の彼氏役。なんだ?ハマり役なのか?(笑)

そしてこちらの作品、1本目の作品と決定的に違う点は尺の長さ。

1本目の作品はたしか20分ぐらいの作品だったんですが、2本目の作品はたしか2時間弱。

国際フォーラムとかいろんなところで撮影した覚えがあります。とにかくロケが多かった!学生映画のこういった場所での撮影は基本ゲリラ撮影で許可を撮ってないので1発で決めなきゃいけないプレッシャーと、オーケーがでなければまた撮影するタイミングを見計らわなければならないのでやっぱり大変でした。ちょっと記憶があんまりないこの作品。たぶんこれが普通で1本目はやっぱり初めてだったし相手役のこと好きになってたし、それでまあまあ記憶があるんだと思います。

とにかくかなり長い間撮影していたと思います。しかも一旦撮影終わって半年後ぐらいにまた撮影があったんですよね。この半年の間に僕は芸能事務所に所属することになってて、芸能の仕事もスタートしていて、たしか他の仕事で髪の毛が切れない時で、この撮影の前半部分に髪の毛を合わせられなかったんですよね。なので繋がらないシーンがあるんですね、よく観ると。申し訳ないですがこの時はどうにもならなかったですね。

そしてこの作品ですごく覚えてるのは、ほとんどのシーンがアフレコだったこと。アフレコとは撮影したシーンに合わせて後で声を入れていくことです。これが初めてで・・・めちゃめちゃ難しかった!!自分の口なのに合わせるのホントに難しいんです。あと鼻とか啜ったりしてるとそれもその音を入れないともちろん不自然になるわけで。初アフレコはホントに苦労した覚えがあります。分量的にもここまでアフレコした作品はこの後ないですね。でもほんといい経験させてもらいましたね。役者やってく上で避けては通れない道ですからね。感謝です。

そんなわけで2本目の学生映画の出演を終えた僕。(ちょっとあっさりしてますが記憶がそこまで蘇ってこない・・・)

少しは成長してるんじゃないか、そんな実感も感じつつ、ついに芸能事務所に所属してさぁプロとして活動だ!と思っていた僕を待っていたのは、芸能界の厳しい洗礼でした。どのように事務所所属になったのか、厳しい洗礼とは。次回に続きます・・・。

ガンダムバナー

-俳優, 役者, 撮影, 映画

Copyright© WOLF OF ACTOR'S BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.