俳優が綴る映画・演劇・芸能界にまつわるブログ

WOLF OF ACTOR'S BLOG

俳優 役者 演劇 舞台

初舞台!

更新日:

2本目のCM出演を終え、再び映画館のアルバイトに精を出す日々。たしかこの頃はもう大学は卒業していたはず。少しそのことを話すと、大学の卒業はホントに頑張りましたよ、まぁ普通なんですけどね(笑)4年生の時は週6で6時起きして行ってたし。夕方からはオーディション行ったりしながら。僕の卒業はメイクミラクルって呼ばれてましたからね(笑)卒業した恩恵って職業的にも全くないですけどね。ていうか今までお世話になった関係者の方々や役者仲間は僕が大学卒業してるって知らないんじゃないかな、行ってない方が多いしそんな話にはまずならないし。そんなもんです(笑)

そんなわけでいよいよ役者とアルバイトだけの生活になった僕。こんなに役者の勉強をする時間と映画を観る時間がある!とテンション上がったのを覚えています。

そしてマネージャーさんからの電話で新たなジャンルの扉を開くことを知るのでした。思えば当時担当してくれていた女性マネージャーさんからの電話って、いつもバイトしてる映画館で受けてた気がする。トイレに行くふりして電話に出るみたいなことをやってましたね、毎回。この時もきっとそんな感じだったんだろうな。そして電話口からマネージャーが一言。

「舞台決まったからー」

この女性マネージャーさん、もちろ大好きだし今でも頭上がりませんが、本当にサバサバしてるし時にはめちゃ厳しいし、でも何度も飲みに行っていろんな話ししたり、お互い違う事務所になってからも連絡取り合ったししてて、今でも大好きなんですが、今思うととにかくこちらの予定を聞かない人でした(笑)当時は他の事務所やマネージャーを知らないからそれが当たり前だったんですが、後に事務所を移籍して逆に戸惑いました。「急遽なんですが明日TBS行けます?」とか「〇日オーディションなんですがプロフィール出しちゃっていいですか?」とかとにかく丁寧(笑)僕は4つほどこれまで事務所を渡り歩いてますが、事務所によって違うのでなんとも言えないけれど、駆け出しの当時は特に「断る権利などないぞ、チャンスにはいつでもかじりつけ!」というその女性マネージャーの愛だったのでしょう。きついことも言われたけどずっと好きだし(笑)そうそう、舞台の本番の後だったと思うけど、そのMマネージャーが観に来てて(もうMマネージャーって書いちゃいます、たぶん大丈夫なので)、楽屋にいたら誰かが、マネージャーさん呼んでるよーって教えてくれて、僕は自然にあまりに自然にダーっと走っていったんですね。そしたら女性マネージャーのMさんは他の事務所のマネージャーさんたちと話してて、そこに僕が走っていったもんだから他の事務所のマネージャーさん達が「おおっ!すごい教育してますね!」ってどよめいていたのを覚えてます(笑)ちなみに僕にとっては至って普通(笑)

なんかこんなこというのカッコ悪いけど、このMマネージャーに認められたい、褒められたいって気持ち当時すごいあったと思います。怒られたくないって気持ちもあったし、いっぱい仕事して恩返ししたいと思ってましたね。このMマネージャーが履歴書と写真見て僕を事務所に入れてくれたし。昔も今もとても好きな人。ちなみに今も舞台の方の売れっ子も抱えてる敏腕マネージャーですよ。ああ、会いたいなぁMさん。

そんな感じのMマネージャーさんだったので「初舞台決まったからねー、頑張るんだよー!稽古〇日から1ヶ月ぐらいだからねー、事務所に台本取りに来てねー」って電話だったと思います。まず初舞台決まって素直に嬉しかったですねぇ、めちゃくちゃ嬉しかったです。この頃はもう舞台で藤原竜也さん観てて衝撃受けた後だったし。しかし、〇日ってすぐじゃないか、バイトのシフトどうしよ・・・社員さんに言わなきゃ・・・そして本番終わるまでバイトできないし生活費大丈夫かな・・・そんな心配もしつつ、でもやっぱり舞台出れるのが嬉しくて。今改めて思うと、大切ですよねそういう気持ち。台本もしっかり製本された分厚い台本で、しかも劇場は後の銀河劇場となるアートスフィア。これ初舞台には贅沢すぎる場所です。よし!とにかく頑張ろう!!そんな気持ちで意気揚々と、そしてもちろん緊張しながら、僕は初めての舞台の初めての顔合わせに向かうのでした・・・。

次回に続く・・・。

U-NEXT

-俳優, 役者, 演劇, 舞台

Copyright© WOLF OF ACTOR'S BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.