俳優が綴る映画・演劇・芸能界にまつわるブログ

WOLF OF ACTOR'S BLOG

アイドル エンターテインメント

共演して知ったAKB48卒業生に見る卒業後の多様性

投稿日:

全盛期からは程遠いものの、今でも根強い人気を誇るAKB48

すでに一つの文化として根付いていると言って過言ではないアイドルグループ・AKB48。

僕としては前田敦子、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美などが最前線で活躍していた時代を知っているぐらいのレベルの認知度だった。テレビによく出てるメンバーは名前と顔が一致するけど、他のメンバーは全然わかりませんぐらいの。当時そういう人はとっても多かったはず。ハマらない限りなかなか主要メンバー以外の顔と名前は一致しないでしょう。

でも実は興味ない人が主要メンバーの顔や名前をわかるだけでもすごいことで。今のAKB48や乃木坂とか欅坂とかのメンバーの名前と顔一致する人かなり少ないんじゃないでしょうか。グーループごとに2~3人わかればたいしたものじゃないでしょうか。

そう考えると前田敦子・大島優子の2強時代っていうのは、テレビの露出含め勢いが半端じゃなかった。ここまでのモンスターグループにした初期メンバーの功績は大きいでしょう。

ここまででも気づかれたと思いますが、僕はAKB48のファンでもなければ昔のAKBにも今のAKBにも詳しくありません。ただ、だからこその視点、そして役者という職業柄実際にAKB48の子と共演をしてみて考えさせられたことを綴ろうと思います。

 

それまで知らなかった初代じゃんけん王者・内田眞由美

とある仕事が決まって共演者の一覧を見ている時に内田眞由美という名前がありました。その時には元AKBって肩書だったかな。先ほども述べた通り特にファンでもなかった僕は「知らないなぁ、まぁ俺ほとんどのメンバー知らないからそうだよね」ぐらいの気持ちでした。そして他にもAKB現役の人もいらっしゃったけど、その人たちも僕にはわからず。なんか偉そうに聞こえますが、もちろん向こうも僕の事知らない状態だったでしょう。そこら辺の自覚もしっかりあります。

それなりに長期間の仕事だったので話をする機会ももちろんあり、それまでAKBに対して持っていたイメージが覆りました。良くも悪くも興味がなかったから、特に悪いイメージは持っていなかったけど、なんとなく勝手に「与えられた仕事をしてる」イメージを持ってたので。普通に考えて年齢的にもその形で仕事してて何の不思議もないし。

ただよく話をするようになる前から、仕事に対する姿勢ですでに良い意味でイメージ変わってました。真面目さのジャンルはいろいろあるけど、AKBの子たちはとってもマジメだしストイックだなと普通に思わされましたね。じゃないとグループでもやっていけないから染みついているんでしょう。尊敬に値するストイックさ。しかも驚いたのが特に若い子にありがちな「努力してる自分に酔う」「結果までのプロセスを評価してもらおう」なんて考えがまったくない。やることやってくる、そしてそれを提示する、若くして「レベルの高い当たり前」が身についてるから、基本的にAKBの人ってどこの現場もあんまりきつく感じる事ないんじゃないかと思う。

やはり若くして芸能界に身を置いて悩んで学んで努力していろんな現場行ってと豊富な経験をしているせいか、内田眞由美に関しては年齢けっこう上だと勘違いしていました(笑)見た目は全然若いんだけど、空気感とかオーラが実年齢より上に見せてました。見せてたっていうかこっちが勝手に思ってただけだけど(笑)28歳ぐらいだと思ってましたから、顔合わせからずっと。なんの疑いもなく。それが聞いたら23歳ですもん。いや当時22歳かな。勘違いしないでほしいのは見た目は若いんですよ、お肌とか髪とか美意識も高い子ですごい綺麗だし。空気感ですね、堂々としてるし。相当な事ないがないと動じないんじゃないかなって思うほどに。他の20歳ぐらいの子は年相応に見えてたけど、やはり業界歴が全然違いましたね。

そんな内田眞由美ですが、なんと新大久保で「IWA」という焼き肉屋さんを経営していて、立派なオーナーさんです。AKB現役時代からオープンしていたようで、実家が焼き肉屋さんなこともありノウハウも活かして今も大成功しています。僕自身何度か行ってて先日もお邪魔してきたのですが、普通にお肉がとても美味しいお店です。上質なお肉が食べられるのにお値段はリーズナブル。もちろんAKB推しされているお店だけど、普通にお肉だけで勝負しても勝ち組になれるであろうお肉です。しかしあの若さでかなり大規模な店のオーナーですからね、本当に尊敬です。

無意識に堀江貴文の「多動力」を実践している内田眞由美

そんな彼女の現在の肩書は「女優」「実業家」となってるわけで、そしてまだまだ歌って踊ることもできるでしょうから年齢的にも「アイドル」という肩書も全然通用するでしょう。

実はそんな彼女の生き方が、役者一本で食べてた僕に大きな影響を与えてくれたんです。職業を1つに絞る必要なんて全くないと思えて、いろんなことやればいいじゃんと思うきっかけをくれたんですね。もちろん一つ一つを形になるまで真剣にやるのが大前提ですが。しかもそれが繋がってさらに楽しい仕事を作り出せる可能性も秘めている。ワクワクしましたね。視野が広がっていろんなことへのチャレンジ欲求が高まりました。

まだ堀江貴文氏の「多動力」は出てなかったと思うのですが、後々「多動力」を知って読んだ時に「まさに・・・」と思いました。

若い時からAKB48というグループに入り、そこで真剣に取り組み、その後ビジネスに進出し芸能活動も継続出来る形を作りだす。そこから派生するバラエティー番組などに出演し知名度もアップさせ、お店と芸能活動にメリットをもたらす。

うーん、こういう話はしたことないからどこまで考えてやっているのかはわからないけれど、無意識だとしても時代に合ったことを実践していていいモデルです。

経験がもたらす周りとの差

AKBの卒業生みなさんに当てはまるけど、若くして真剣に取り組んでたくさんの経験をして、卒業して次の場所でも新たな事に真剣に取り組む。しかも次の場所に行く時にはまだまだ世間的に若いカテゴリーなわけで。同年代の子たちが遊んでる間に仕事をしてきてる分、比べ物にならない経験値を身につけてるわけで、走り続ける以上その差は埋まらないのだろう。厳しい環境にいた分努力することが当たり前になってる彼女らに追いつくのは至難の業だと思う。

ただこれに関しては僕はたまたま少し近しい存在にビジネスに進出している内田眞由美がいたからそう思っているだけで、果たして全体的にそうなのかというところはなんとも言えないところではあるけれど。

ただ何をするにしても、経験値が上というのはプラスに働くのだから、有利になることは間違いないだろう。

だからこそ、やりたいと思ったことは躊躇せずに、すぐにチャレンジすることがとっても重要だと思う。

-アイドル, エンターテインメント
-, , , , ,

Copyright© WOLF OF ACTOR'S BLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.